ハーバリウム制作過程ー準備編

こんにちは!
大寒波で氷点下は当たり前、我が家のお庭は大雪の跡がまだまだ消えません(´Д⊂ヽ

融雪剤がどこも売り切れてるときはとりあえず砂を撒いとくと良いです!
北海道だと信号機に砂の入ったペットボトルが入っているBOXが常設されていますね。
※粉炭と尿素をブレンドするとなお良いことが判明、ホムセンなどで安価に入手できます。

さて、ハーバリウムを自作するにあたっての準備ですが

=準備するもの=
・お好きなドライフラワーまたはプリザーブドフラワー
・瓶
・ピンセット
・プラカップ(先の尖っているものの方が注ぎやすいです)
・ミネラルオイル(流動パラフィン)またはシリコンオイル
・オスバン(塩化ベンザルコニウム)
・キムワイプ
・消毒用エタノール
・ゴム手袋

大体こんな感じで準備してます。
霧吹きはオスバンを水で1000倍に薄めたもの。
プラカップやドライフラワーの消毒や防カビ対策に使います。

お洗濯で、もしかしたら使ったこともあるであろうオスバン。
他の物質・添加物と干渉せず、防腐効果・カビに対しての殺菌効果が良いことから
おうちにあったオスバンを引っ張り出しました。
どれもオイルに触れるものなので、消毒の段階から慎重に!

霧吹きでしゅっとしたら一晩ほど乾かします。

そして、ハーバリウム用の瓶を消毒したいと思います。
こちらの消毒は消毒用エタノールを使用します。

注意したいのは、無水エタノール。
こっちは成分がエタノールオンリーなので消毒効果が殆ど無いんです。
必ず消毒用エタノールをご使用ください。

エタノールを2cm程度入れたら満遍なく瓶を回し、次の瓶へと移していきその繰り返し。
(今回は5本一度に消毒しました)

今日は眠いのでここまで…( ˘ω˘ )
いよいよこのあとドライフラワーを配置していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です