C#おさらい その2

こんばんは、梅雨のお知らせと言わんばかりに、
庭のアジサイが綺麗に咲きはじめてます(*^_^*)

おさらい二回目、今回は代入について簡単に。

*代入について

static void Name()
{
 // おはぎ という文字列をNameに代入すると…
  var Name =”おはぎ”;
      ←  Nameという箱におはぎが入る
  Console.WriteLine(Name);
 // この地点での表示文字列は おはぎ である。
  
  // ここでさらに別の文字列を代入すると…  
  var Name =”塩豆大福”;
 Console.WriteLine(Name);
 //最初の表示文字列に上書きされ、表示は 塩豆大福となる。

 }

入力した値を代入するときの一例、一部コードを抜粋。

static void Calc()

 var a =InputNumber();
 var b =InputNumber();

Console.WriteLine(Add(a,b));
       // ←Add関数を引き渡している  

引数の結果を、WriteLineが表示してくれます。

static int InputNumber()

  int b = 0”
  

代入の概念は結構頻繁に出てくるし、配列ともなると特にそれが顕著な印象ですが
思い出せるか不安なので基礎はせめて思い出しておきたかった。

次はコードの展開・分離について書こうと思います。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。